SHOPPING
SHOPPING
ブログ

blog

ブログ

blog

コラム

ヴィーガンレザー ”Desserto”とは?そのサスティナビリティとパフォーマンスについて解説!!

サボテンレザー



昨今、持続可能な開発目標、SDG’sが多くの業界で叫ばれています。17の大きな目標と具体的な169のターゲットで構成されており、この中には「12.つくる責任 つかう責任」として、生産業者に対してもサスティナブルな生産活動を求めています。


弊社もサスティナブルな製品づくりに向けいろいろ検討を進めており、その結果生まれた製品がヴィーガンレザー「Desserto(デセルト)」です。ここでは、弊社製品「Dessrto」と、サスティナブルなポイントについてご紹介いたします。


ヴィーガンレザーとは?



ヴィーガン、およびヴィーガニズムとは、出来る限り動物を搾取することなく生きるべきという主義を表します。よく完全菜食主義者として動物性の食事を一切取らない人を指す言葉で使われますが、それだけでなく例えば革製品など動物の体を使った製品を一切使わないことも含まれます。


ヴィーガンレザーとは、その名のとおり、動物の革を利用しないレザーの一部です。


フェイクレザーの一種




ヴィーガンレザーは動物の本革を利用しないレザー、すなわちフェイクレザーの1つと言われています。フェイクレザーはいわゆるリアルレザーを利用していない革すべてが対象となります。


元々本革製品はサスティナブルな製品と言われています。牛や豚は食用として用いられておりますが、皮部分については食べられません。




ただそのまま廃棄するとはゴミを増やすことにつながりますので環境問題につながります。すなわちその革を製品として利用することは非常にエコといえるのです。また革製品は長期間利用できる点でもサスティナブルといえます。


しかしながら、革製品は大きな課題があります。それは提供価格です。本革製品はどうしても高額になるため普段使うものすべてに導入するのはなかなか困難なのです。そこで生まれたのが合成レザーです。


合成レザーはプラスティックを中心とした合成物質を利用した製品であり安価に大量生産できることから多くの製品で利用されています。また、ある程度長期間利用できる点も魅力の1つと言えるでしょう。



一方で、石油を原料とした製品であり、処分方法などにおいてサスティナビリティに問題があります。


そこで、ある程度安価でサスティナビリティの高い革製品として考えられたのがヴィーガンレザーなのです。


環境を意識している素材、それがヴィーガンレザー



ヴィーガンレザーは、記事部分にプラスティックではなく、植物性素材を利用したフェイクレザーです。例えばキノコ、トウモロコシなどの植物性物質を利用したフェイクレザーなのです。本革のサスティナブルな部分と、合成レザーのローコスト性両方を兼ね備えた製品、それこそがヴィーガンレザーといえます。


ヴィーガンレザーは、植物性繊維を利用していることもあり、メンテナンスさえすれば10年近く利用できます。また利用すればするほど味が出てくる点においても本革製品に近い製品といえます。植物性繊維の利用と長期間利用が可能な点などから非常にサスティナブルな製品といえるでしょう。


さらに本革製品と比べ安価な点は大きなメリットといえるでしょう。本革だと手に入らなかった製品でもヴィーガンレザーなら良い製品が少し手に入りやすくなる、そんな製品と言えるでしょう。


ヴィーガンレザー Desserto(デセルト)の特徴は?

ウチワサボテンの写真



それでは当社のヴィーガンレザー「Desserto(デセルト)」の特徴がどんな点なのでしょうか。当社のDessertoはその品質の高さから、世界トップレベルの安全な繊維製品の証である、OEKO-TEX Standard100に認証されている高い品質を認められたヴィーガンレザーです。


その品質の高さの秘密についてご紹介いたしましょう。


サボテン生地を素材とした生地



当社のDessertoはサボテン生地をベースとしたヴィーガンレザーです。サボテンと言えばメキシコ、そのメキシコ人企業家のエイドリアン・ロペスペラルデさんとマルテ・カザレスさんの2人が有機サボテンをベースとして開発したヴィーガンレザーなのです。


本革製品自体はサスティナブルな製品とお話ししましたが、実はその生産過程で多くの廃水が発生することや、輸送時のカビを抑えるために農薬を使われることが環境上問題となっていました。また、多くの動物が屠殺されていること、家畜のエサとして多くの魚が捕獲されていることが環境破壊につながると言われていたのです。


そこで考えられたのがDessertoです。メキシコに多く自生しているウチワサボテンを利用することで自然破壊の問題を解消しつつ、繰り返し調達できるサボテンを選ぶことはサスティナビリティにも貢献しているのです。


本革とフェイクレザーのいいとこどりをしたような製品




Dessertoは植物繊維を利用していることもあり、本革に近い弾力性と耐久性、通気性に優れた製品です。質感の高さや肌触りのよさ、見た目の高級感などは本革製品の良さに近いものがあります。


ただ、植物繊維を利用することや本革製造時の多くの手間を省けるため、価格を抑えることにつなげられています。この点は合成レザー製品の良さももっているのです。


このことからDessartoは本革と合成レザーのいいとこどりをしたような製品といえるでしょう。


長期間利用できる、それこそがサスティナブルの証拠




さらにDessrtoは世界認証されているとおり、10年近く利用できる耐久性の高さがあります。本革製品同様、植物繊維は通気性がよいため、このことが長持ちできるポイントと言えます。


長期間利用できる製品であることも、サスティナブルな製品と呼べる1つの理由といえるでしょう。


皆さんもヴィーガンレザー Dessertoを利用してみませんか?

商品紹介01




いかがだったでしょうか?革製品の質感の高さと耐久性、合成レザーの低コストといった両方のメリットを兼ね備え、さらにサスティナブルである素材、それがDessartoとなります。




SDG’sが叫ばれる中、革製品を扱う事業でもこの点をしっかり考えていく必要があります。その点では、ヴィーガンレザーDessartoは将来には欠かせない製品といえるでしょう。


弊社ではこのDessatoを活用したシューズを販売しております。是非一度ご利用いただき、ヴィーガンレザーの良さを体験されてみてはいかがでしょうか?