SHOPPING
SHOPPING
ブログ

blog

ブログ

blog

コラム

今注目の環境に優しいシューズ5選【サステナブルファッション】



あなたがシューズを選ぶときの基準はなんですか?

値段、色、デザイン、履き心地・・・決め手は人によってさまざまですね。


最近では「サステナブルな商品か」という視点で靴を選ぶ人も増えてきています。


最近よく耳にする「サステナブル」という言葉。

聞きなれない横文字に難しく感じてしまう人もいるかもしれません。


この記事では「サステナブルファッション」についてわかりやすく解説します。

おしゃれでサステナブルなシューズも紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。


今注目の「サステナブル」とは?


サステナブルは英語で「sustainable」といい、「持続可能な」という意味の言葉。


この「サステナブル」という言葉は、人類社会と自然環境が「持続可能で」発展することや、その環境・社会問題に配慮した取り組みに対してよく用いられます。


例えば「サステナブルな社会」「サステナブルフード」など、環境に優しい社会、食品に使われます。


つまり、リサイクルできる素材やアニマルフリーの素材を使うなど、環境に優しい靴はサステナブルな商品ということです。


こういった環境に優しいシューズを選ぶ人が今増えてきています。


サステナブルファッションが今注目されている理由




今ファッション業界で「サステナブル」が注目されているのには理由があります。


大きな理由としてまず挙げられるのは「環境問題」です。

実はファッション業界は「世界で2番目の環境汚染産業」と言われています。


ファストファッションによる「大量生産・大量廃棄」が行われ、毎年10億着もの新品の服が廃棄されている現状があります。資源には限りがあるにもかかわらず、大量に廃棄された衣服、靴などは焼却処理されます。さらにその際に発生する二酸化炭素も環境問題の1つ。


こういったファッション業界の問題を背景に、環境に優しいサステナブルファッションが今注目されているのです。


サステナブルファッションの4つの特徴



サステナブルファッションは「環境に優しい商品である」ことは、なんとなく理解できたかと思います。


実はファッション業界を取り巻く問題は、環境問題だけではありません。

ここではさまざまな問題の解消に取り組むための、サステナブルファッションの特徴を紹介します。


リサイクル素材を使用している商品


プラスチックなどを再生させたリサイクル素材を利用して、衣服や靴を作ることもサステナブルな取り組みの1つ。



プラスチックのほかにも不要になったコットン・ウール、日用品などもリサイクルで洋服の繊維に生まれ変わります。大量の廃棄、二酸化炭素の削減に期待ができます。


アニマルフリーな商品


動物の毛皮や素材を使用しない製品のことを「アニマルフリー」といいます。


リアルファーやレザー製品の裏には、多くの場合、劣悪な環境下で飼育され殺傷される動物の悲しい現実があります。


動物保護の観点からも、動物の毛皮や素材を使用しない「エコファー」や「エコレザー」を使っている商品はサステナブルファッションといえます。


フェアトレードを実施している



「フェアトレード」は公正な取引のことを指します。


大量生産で安くモノを売るファストファッションの影で、安い賃金で搾取される途上国の労働者が問題となっています。
発展途上国の労働力や原料を適正な価格で継続的に取り引きすることで、立場の弱い途上国の生産者や労働者の自立、労働環境改善につながります。

フェアトレードの実施は、ファッション業界の労働環境改善に取り組むサステナブルな取り組みの1つです。


オーガニックコットンを使用



オーガニックコットンは、農薬や化学繊維を使わない天然繊維です。

オーガニックコットンを使用することは、地球環境に優しいだけでなく、生産者の健康にも配慮ができます。



おすすめのサステナブルシューズ5選



「おしゃれは足元から」とよく言われますが、足元から環境についても考えてみませんか?


おしゃれだけじゃない、環境にも優しい靴を選びたいという方におすすめのサステナブルシューズ5選を紹介します。


all birds(オールバーズ)

人, 男, 写真, 板 が含まれている画像

自動的に生成された説明
引用元:https://allbirds.jp/



サステナブルシューズで有名な「all birds(オールバーズ)」は、サンフランシスコ発のスニーカーブランドです。


環境に配慮した素材を使用し、履き心地のよさとシンプルなデザインが特徴。


世界中で好評を博し、2020年には日本にも上陸。サステナブルなシューズとして注目されています。


ALL BIRDS(オールバーズ)の公式HP


Rens(レンズ)

Web サイト

低い精度で自動的に生成された説明
引用元:https://rensoriginal.com/



フィンランド発のサステナブルシューズブランド「Rens(レンズ)」です。


コーヒーかすと廃プラスチックを活用して作るサステナブルシューズを販売しています。


エコなだけでなく、防水性・通気性など機能性にも優れているのが特徴です。


Rens(レンズ)公式HP




Reebok(リーボック)

屋内, 衣料, 履物, 猫 が含まれている画像

自動的に生成された説明
引用元:https://www.reebok.ca/en/npc-uk-cotton-and-corn-shoes/DV8957.html



世界的に有名なスポーツブランド「Reebok(リーボック)」もサステナブルシューズの販売に取り組んでいます。2018年にはコットンとトウモロコシを素材として取り入れた、その名も「Cotton+Corn(コットン+コーン)」というサステナブルシューズが登場し、話題となりました。



Reebok(リーボック)公式HP




Öffen(オッフェン)

屋内, 座る, テーブル, ボックス が含まれている画像

自動的に生成された説明
引用元:https://offen-gallery.com/



日本発のサステナブルシューズブランド「Öffen(オッフェン)」。

Öffen(オッフェン)は、ドイツ語で「開放的な」「オープン」「解き放つ」という意味の言葉。


「普段履けるちょっとオシャレな靴。そして環境に優しい」がテーマの、シンプルに美しく生きる女性に向けたブランドです。


Öffen(オッフェン)公式HP



Grandeur papa(グランドールパパ)



日本発のサステナブルブランド「Grandeur papa(グランドールパパ)」です。


アニマルフリーのビーガンレザーを採用したシューズを販売しており、メキシコの地でサボテンから生まれた自然由来の素材を使用しています。


履き心地もよく、本革のようなサボテンレザー。

普段のオフィスカジュアルに取り入れやすいシンプルなデザインが魅力です。


Grandeur papa(グランドールパパ)公式HP


おしゃれにプラスアルファで環境に優しく



環境問題は大事なことと分かっていても、なかなか行動にうつすのは難しいものです。具体的に「何をしたらいいかわからない」という人が大半かと思います。


しかし普段のファッションに「サステナブル」というプラスアルファを意識してみてください。「どんな素材でできているのか」「誰が作っているのか」を考えることが、環境問題の改善につながる一歩です。


「サステナブルな商品を選ぶ」だけで、環境も生産者もわたしたち消費者も、みんなハッピーになれたらこれほど素晴らしいことはありません。


サステナブルな未来への一歩として、まずは足元から変えてみてはいかがでしょうか?