SHOPPING
SHOPPING
ブログ

blog

ブログ

blog

コラム

今日からできる!サステナブルファッションの簡単な取り入れ方4選

スキーをする人

中程度の精度で自動的に生成された説明

近年、ファッション界でも話題の「サステナブル」というワード。このキーワードを意識した服作りを行っているトップメゾンも増えてきました。


環境にも優しく、ファッション界の大きな潮流となりつつあるこのサステナブルファッション。私たちの日々の装いにも取り入れてみませんか?でも、「何だか敷居が高そう・・・」に感じる人も多いはず。そんな人でもポイントさえ押さえれば、意外と簡単に取り入れることができるのです。


この記事では、毎日のファッションで簡単にサステナブルを取り入れる具体的な方法をご紹介。また、そもそもサステナブルファッションとはどんなもの?といった疑問にもお答えします。サステナブルファッションに興味がある方必見です。


今話題のサステナブルファッションとは?

ケーキを持っている手

低い精度で自動的に生成された説明


今、ファッション界でもサステナブル旋風が巻き起こっており、雑誌やWEBでも良く取り上げられていますね。ファッション感度の高い人はいち早く、このサステナブルファッションを取り入れています。


とはいっても、環境に良さそうなイメージはあるもののイマイチはっきりとは分からない・・・という人も多いはず。


そもそも”サステナブル”とは「持続可能な」という意味。原材料の調達から生産、販売、そして廃棄に至るまで様々な工程がありますが、それらが未来に向けて持続可能であることを目指すものです。


現状として、服を1枚作るのに大量の汚染水の排出、安価で販売するため発展途上国においての低賃金労働などが問題として挙げられています。原材料や製造方法に目を向けるのはもちろんのこと、地球環境、アパレルに関わる人、社会に配慮した総括的な取り組みのことを指します。


もっと具体的に!サステナブルファッションとはどんなものを指すのか?

草の上にいる女性の手

低い精度で自動的に生成された説明


「地球環境」、「人」、「社会」に配慮したのがサステナブルファッションであるとご紹介しました。ここからはもっと具体的に、サステナブルファッションとはどんなものを指すのか挙げていきます。


  • アニマルフリーな素材
  • 再生原料でつくられた製品
  • 大量生産していない
  • フェアトレードでつくられた製品
  • シェアリングサービスやレンタルサービスの利用
  • リユース
  • リサイクル


上記に挙げたことが、具体的にサステナブルファッションと言われるもの。素材や作られるまでの過程に目を向けてみたり、廃棄を減らすサービスを利用したりすることがサステナブルに繋がります。


製造の面からいうと、デニム裁断屑をアップサイクルしたり、ペットボトルを原料とした繊維の開発など面白い取り組みも行われています。


そして既にある衣服をどう取り扱うかというのも大きな観点。ちなみにリサイクルとリユースは混同されがちですが、リサイクルは元の形から姿を変えて再利用されるもの。例えば、着なくなった衣類をバッグに作り変えるというのがリサイクルです。


一方リユースは形は変えず、所有者が変わることを指します。フリーマーケットやリサイクルショップで売る、また他人に譲るのはリユースと呼ばれます。


サステナブルファッションと一口にいっても、企業側が取り組んでいること、そして私たち消費者側の選択、行動に委ねられていることなど様々な種類があります。


実践編:サステナブルファッションの取り入れ方4選




ここからは主に、私たち消費者側ができるサステナブルファッションの取り入れ方を4つご紹介します。ぜひポイントを押さえて、チャレンジしてみてくださいね。


1.サステナブルを掲げているブランド、ショップで購入する

屋内, 部屋, テーブル, 暮らし が含まれている画像

自動的に生成された説明



まずサステナブルファッションを取り入れる上で最も簡単な方法は、サステナブルを掲げているブランドやショップで購入すること。


”サステナブル”と一口に言っても、環境負荷がかからない素材を使ったもの、大量破棄を防ぐため受注販売をしている、リユース、リサイクルへの取り組みが盛んなど、企業によりその取り組みは様々。


最近だとネットで服を購入することも多いでしょう。取り組みや理念に共感できるブランドはすぐ見つかるはずです。


そのようなサステナブルな取り組みをしている企業やショップから購入することで、その取り組み自体を応援することに繋がり、エコな循環が広がります。


2.新たに服を買う場合、素材を確認する

甲殻類 が含まれている画像

自動的に生成された説明



サステナブルを取り入れる中でやはり気になるのが、素材。ファッション好きの消費者としても、環境に優しい素材を使った製品だと着ているだけで良いことをしている気分にもなれるもの。


そこで製品を選ぶ際に気にしたいのが素材。サステナブルな素材と言われているのは主に以下の4つです。


  • エコファー
  • エコレザー
  • オーガニックコットン
  • プラスチックなどを再生したリサイクル素材


レザーやリアルファーといった素材は、生きた動物の毛や皮を剥ぐという残酷な方法がとられているケースも。また、革はなめし、染色の工程で大量の汚染水が出ます。そういった現状を踏まえ、動物の代わりに植物を使用した「ヴィーガンレザー」なるものも登場しています。


タグを見ると使われている素材が分かりますので、ぜひ確認してみましょう。店頭で買う場合は、ショップ店員に尋ねてみてもいいでしょう。


3.古着を上手に活用する

屋内, 座る, 靴, 部屋 が含まれている画像

自動的に生成された説明



「新たに服が欲しい!」、反対に「もうこの服は着ないな」いう両パターンに対応できるのが古着の活用。


ワードローブに新たな一着を迎える場合、古着屋、ヴィンテージショップ、フリマアプリで探し購入するのもサステナブルファッションといえます。


反対に、着なくなった服はゴミとして処分するのではなく、こちらも古着屋やフリマアプリで販売し、新たな持ち主の元へ譲り渡すのも立派なサステナブルな取り組み!ちなみに家庭で着られなくなった服が年間50万トンもゴミとして捨てられています。それをちょっとでも減らすことができるのが、古着の活用という訳です。


着なくなった服は捨てるのでなく、”次の誰かに”という発想を持つことがまず大切ですね。


4.トレンドに流されない定番アイテムを買う

テーブルの上に置かれたナイフ

低い精度で自動的に生成された説明




先ほど紹介した、古着の活用。エコな取り組みではあるものの、「抵抗がある・・・」という人もなかにはいるでしょう。


そんな人でもできるのが、新たに衣類を買う際「長く使える定番アイテムを買う」ということ。「え?こんなことがサステナブルファッションと言えるの?」という声が聞こえてきそうですが、それもしっかりと環境に配慮した選択です。


というのも持っているアイテムを捨てずに、もう1年長く使うことで日本全体で約4万トンの廃棄削減になるそう。となると、新しく服を購入する際は長く愛せる定番アイテム、シンプルで飽きのこないデザインのものを購入することがサステナブルに繋がります。




もっというと、値段が多少高くても「本当に気に入ったものだけを買う」ということが大切かもしれませんね。その際には作りがよく、上質で長持ちするかという視点も持っておきたいですね。


オンオフや季節を問わず使えるもの、例えばバッグやシューズといった小物類から取り入れてみるのもおすすめ。


意外と簡単!今日からサステナブルなファッションに挑戦してみよう!




敷居が高いと思われがちなサステナブルファッション、実はこんなに簡単に取り入れられるなんて!と驚いた人もいるかもしれませんね。


今までの服選びに新たな視点を少し取り入れるだけで、グッと環境に優しい選択となります。再生素材や植物由来の素材など少し変わった素材を使った衣類は、話題にもなること間違いなし。




周囲の人もサステナブルファッションに関心を持ってくれるきっかけにもなりそうですね。ぜひ、気負わずできることからチャレンジしてみませんか。